Seiko-Jiro.net

HOME   NEWS   FORUM   LINK   ACCOUNT   CONTACT US  

メインメニュー

ニュース・アーカイブ

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メイン
   つぶやき
     『共謀罪法案を廃案に!平和に生きる権利のはなし』 「DAYS JAPAN」講演会・2017年6月22日(木)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
seiko
投稿日時: 2017/5/31 17:06
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3572
『共謀罪法案を廃案に!平和に生きる権利のはなし』 「DAYS JAPAN」講演会・2017年6月22日(木)


『共謀罪法案を廃案に!平和に生きる権利のはなし』
「DAYS JAPAN」講演会・2017年6月22日(木)

【講演】
山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)
「自由と民主主義を守る最前線。沖縄から今、伝えたいこと」
戦後、米軍統治下の沖縄に生まれた。「基地の島」で、 戦争の悲惨さを聞いて育った。
「沖縄を沖縄に返してほしい」。そう願った本土復帰は、米軍基地が微動だにしない
県民の思いとはかけ離れた復帰だった。復帰後、日米安保を前に、沖縄では憲法がないがしろにされていく様を
目の当たりにした。「平和に生きる権利」が守られない悔しさを知っている。
戦争と基地のない平和な沖縄を――。辺野古や高江の現場で、そう願う人々の先頭に立ち声を
上げ続けてきた山城さんが語る、沖縄から今、伝えたいこと。 (講演75分)

井筒高雄さん(元自衛隊レンジャー隊員
ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFPJ)代表)
「先島諸島への自衛隊配備問題。戦争への準備はどこまで進んでる?」
与那国、石垣、宮古……。中国や台湾と境を接する先島諸島への自衛隊配備が進む。政府は中国や北朝鮮の「脅威」を煽りながら
「我が国の安全を守るため」と説明するが、その裏にはアメリカが日本全体を極東アジアの「前線基地」にしようという戦略が
見え隠れする。軍隊は住民を守るのか。元陸自レンジャー隊員によるわかりやすい解説! (講演45分)


【日時】2017/ 6/22(木) 18時30分開場 19時開演
【会場】なかのZERO小ホール(定員500人)  
東京都中野区中野2-9-7(JR /東京メトロ東西線「中野駅」南口から徒歩8分)    
https://www.nicesnet.jp/access/zero.html   

【入場料】一般1000円/DAYS JAPAN定期購読者700円(資料代込)
〇高校生以下と75歳以上、障がい者野方は 無料です。

【お申込み】下記のフォームよりご入力ください。
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/994c4cfb514362

【お問い合わせ】メール kikaku@daysjapan.net /電話 03-3322-4150
【主催】DAYS JAPAN  
【協力】ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(平和を求める元自衛官と市民の会)

<登壇者プロフィール>
山城博治さん
やましろ・ひろじ●沖縄平和運動センター議長。1952年沖縄県うるま市生まれ。1982年に沖縄県庁に入庁。
2004年から沖縄平和運動センター事務局長。辺野古新基地建設、東村高江のヘリパッド建設反対運動を
多くの平和・市民団体と連携しておこなう。

井筒高雄さん
いづつ・たかお●VFPJ代表、元レンジャー隊員。 1969年東京都出まれ。1988年陸上自衛隊に入隊
1991年レンジャー隊員。PKO法を機に1993年依願退職。1997年に大阪経済法科大学卒後
兵庫県加古川市議を経て、元自衛官の立場から戦争の本質とは何かを発言、平和活動を続ける。
自衛隊を守り、若者に戦争させない講演活動を全国でおこなう。

2017・05・31(おおき せいこ)
大木晴子
http://www.seiko-jiro.net
https://www.facebook.com/seiko.ohki
https://twitter.com/kuronekoroku
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

「明日も晴れ」記事検索

平和!グッズ販売



Site Design by West Wind,Theme from Ocean-Net