Seiko-Jiro.net

HOME   NEWS   FORUM   LINK   ACCOUNT   CONTACT US  

メインメニュー

ニュース・アーカイブ

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メイン
   つぶやき
     「日めくりタイムトラベル」★写真を掲載!★ 「菊屋橋から出た日」 を掲載!
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
seiko
投稿日時: 2008/9/14 2:05
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3605
「日めくりタイムトラベル」★写真を掲載!★ 「菊屋橋から出た日」 を掲載!


懐かしいトラメガ(電池式メガホン)や
吉岡忍さんそして山口文憲さんがギターを弾いています!



伊津さんも私も反戦の意思表示は今も継続されています。



これも懐かしいベ平連事務所でした。



地下広場で歌えなくなり、一番若かったヤングべ平連の人たちが
日比谷公園で行なわれた高石ともやさんのコンサートへ抗議に
行った場面でおわるが撮影では私も伊津さんもコメントをした。
べ平連は、それぞれ個で自由な行動をとった。
ヤングのみんなは自分たちの気持ちを大人にぶつけに行った。
それは、それで素晴らしいことだと思うと伝えた。
映像には流されなかったけど・・・・・。



当時の様子を知る「ぼるが」のオーナーも登場した。
私たちに向けて下さる優しい眼差しに胸が熱くなった。



取材を受けた時に、何度かフォークソングを歌ってほしいと
頼まれましたが私も伊津さんもお断りしました。
残されたフォークゲリラの歌で作るのかなぁ?それとも
と思っていたら山本コウタローさんが登場して何曲か歌われた。
山本さんの優しさが最後に流された涙がフォークゲリラの
話しをまとめあげたと思う。
1969年この年は、たくさんの人に何かしらの思いを残したのではないでしょうか。
人が人らしく感じられたあの温もりをもう一度
取り戻すことはできないのでしょうか。
私は 諦めない
信じ続けていきたい。
ここ数年は、平和に生きていけるかの正念場です。
自分流の意思表示を!
(08-09-14・おおきせいこ)
seiko
投稿日時: 2008/9/14 15:06
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3605
友人からメイル!
〓ありがとう〓
短かった五ヶ月間、フォークゲリラの事‥私高校三年の時だったんだなぁと大木さんの44年の三月・五月・七月と結構分かりやすく編集出来てたような気がします。私の中学の担任の先生は戦争反対の先生で高校の三年間は新聞部。大木さんのようには何にもしない部員だったけどその時代がいろいろ思い出せました。そんな時に大木さんはいろいろやられてたんだなぁと?昨夜八月の高校野球の“太田幸司”の事も私は一人興奮して観てたなぁと心が熱くなりました。Nより
ゲスト
投稿日時: 2008/9/14 15:38
Re: 「日めくりタイムトラベル」★写真を掲載!
晴子さん、『日めくりタイムトラベル』見ましたよ!昨夜、長野の実家で見ることになりましたので、感動をすぐに伝えることが出来なくて、先ほど帰宅しパソコンに向かい、晴子さんのページでもう1度番組を振り返ってみたところです。
なんと晴子さんは、“新宿西口広場フォークゲリラ”の‘マドンナ’だったんですね! 当時あのような凄い社会現象が起こっていたなんて、東京の近くに住んでいながら知らなかった私です。(何をしていたのでしょう、TVも新聞も無い生活だった、なんて弁解になりませんね・・)
それにしても、あの時代と今、若者、人間、社会、随分変わりましたね。あの映像を見ていますと、当時はまだ、社会全体に夢や希望や目標を抱かせる前向きのエネルギーがあったのですね。
あの時、新宿で旋風の中心になっていた晴子さんたちが、その信念が本物である証しのように今も活動を引き継いでいらっしゃることを改めて納得しました。番組でも言ってましたが、強力な旋風も時の権力や時勢に押しつぶされるとたちまち流行のように消え去っていったことを思いますと、大衆のエネルギーの儚さは常に感じますが、再び意思を継続させようとしていらっしゃる勇気が素晴らしいです。(山本コータローさんの歌と涙が胸にじんときました)
余談ですが、マドンナを獲得したご主人がいつ登場されるか待っていたのですが?!  そしてさらに、晴子さんを新宿のフォークのマドンナに駆り立てたものは一体何だったのかな、という思いが湧きました。いつか教えてくださいね?
ゲスト
投稿日時: 2008/9/14 23:33
Re: 「日めくりタイムトラベル」★写真を掲載!
番組見ました。
歌い始めたころの大木さんと伊津さんが写ったモノクロ写真が、
心に焼き付いてしばらく離れそうもありません。

歌声を取り巻く輪が、千人単位の巨大コンサートではなく、
せめて百人単位のライブハウスの規模でとどまっていたら、
西口地下広場は、もしかしたら今も自由な民衆の広場だったのではないか、
そして、大木さんも伊津さんももっと幸せに歌えたのではないか、なんて
そんなことを考えてしまったのです。
seiko
投稿日時: 2008/9/15 10:31
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3605
最近の『明日も晴れ』ニュースに掲載!

(2008年9月6日、新宿西口地下広場にて)

1970年に出版された「フォークゲリラとは何者か」の中に
「菊屋橋から出た日」 という私の文章が載っています。
(私が書いたのでは無く、インタビュー形式で起こした文章です)
それを・・・・・
最近の『明日も晴れ』ニュースに掲載いたしました。
初めて読まれる方は、菊屋橋って何!と思われるかもしれませんね。
菊屋橋は、当時東京で一つ女性専用の留置所があった警察署の名前です。
私のことを書いた「草の根通信」 と一緒に読んでいただけると
私のことが少しわかっていただけるかなぁ?と思っています。
長い文章ですが、クッスと笑える話しもあります。
パソコンの表示で文字サイズを大きくして読んで下さい。
(08-09-15・おおきせいこ)
seiko
投稿日時: 2008/9/15 10:40
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3605
雲さんからのメイル!


大木 晴子さんへ

コメンテーターたちは「あそこで泣いたらだめだよ」と評していましたが、
コウタローだって、そんなことは充分判っているのです。
それでも泣いてしまう。それが泣くということなのです。
有名な歌手になって、成功しても、
二十何列目かの輪の中で、
「友よ、君の涙、君の汗が、報われるその日が来る」と歌った、
広場での思い、若者の正義感は、何時も途絶えることなく、
やましさとなって彼の中に伏流していたのです。
ユートピアに向って社会を前進させることのできなかった、
やましさと悔いをエネルギーに、僅かでも力を尽くしたいと、
改めて覚悟しました。

大木さんが西口広場に立ち続けている重さのようなものが、
しっかりと伝わって来る番組でした。
                     ≪雲≫
seiko
投稿日時: 2008/9/15 20:29
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3605
9月30日(火)午後9時30分から・・映画「地下広場」が上映されます。
ポレポレ東中野

http://www.cinematrix.jp/dds2008/schedule/930/

9月30日(火)21:30から
ゲスト
投稿日時: 2008/9/15 22:23
Re: 最近の『明日も晴れ』ニュースに掲載!
『菊屋橋から出た日』を読みました。私の希望通り、晴子さんがフォークゲリラになるまでのことが本当に詳しく書いてあり、長い文章でしたが夢中で読んでしまいました。ありがとうございました。

それまでの晴子さんがどのような人生をおくってこられたのか、そしてどんな女の子だったのか、よくわかりました。私自身とは勿論違った道を歩んでこられ、ある時は「逮捕」まで経験し、20歳の普通の女の子とはかけ離れた人生も経る。心に浸みる文章でした。まだ感動の余韻が残っています。

正義感と共に、いつも信念や夢に真摯に向き合って生きてこられた姿が胸に焼き付きました。だから、今も西口に立つ晴子さんがいて、犬やネコにも必死な愛情を注ぐ晴子さんがいるんだ・・・と。

「古いヨーロッパ」ってどんな曲なんでしょうね。晴子さんの“明日も晴れ”は本当に様々な知識やメッセージを伝えてくれます。そしていろいろ私の中で膨らんでいきます。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

「明日も晴れ」記事検索

平和!グッズ販売



Site Design by West Wind,Theme from Ocean-Net