Seiko-Jiro.net

HOME   NEWS   FORUM   LINK   ACCOUNT   CONTACT US  

メインメニュー

ニュース・アーカイブ

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メイン
   つぶやき
     二度目の祈り・・・・父と。
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
seiko
投稿日時: 2009/5/20 22:55
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3601
二度目の祈り・・・・父と。


むかし、義父とふたりで祈りをささげたことがあります。
義母が亡くなり病院の霊安室で父は置いてあった線香を
横に片付けて「晴子さん、祈りましょう」と言われて
父の声が部屋に響きました。
この時に同じ気持ちで祈ることができる温かさを感じました。

今日は、私が霊安室で祈りました。
父のために祈りました。
91歳になるので何時かはと心の中で思っていましたが
突然にやってきた悲しみは辛いものです。
でも、その穏やかなお顔をみて幸せを頂きました。
何も悔いが残らない爽やかな気持ちを残して下さいました。
最近、届けた食事をみて「きれいだねぇ〜」と言って下さった
温かな言葉一つで全てが良しとなったことも嬉しいことです。
(09-05-20・おおきせいこ)
ゲスト
投稿日時: 2009/5/22 9:15
Re: 二度目の祈り・・・・父と。
お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

― 何も悔いが残らない爽やかな気持ちを残して下さいました。
最近、届けた食事をみて「きれいだねぇ?」と言って下さった
温かな言葉一つで全てが良しとなったことも嬉しいことです。―

晴子さんと同じ立場にいる私です。いつその日を迎えても、私も、このようなことが書ける日々でありたいと思います。
seiko
投稿日時: 2009/5/22 13:13
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3601
コーヒーの香り。


marilynさん、ありがとうございました。
お電話で「お疲れさま」と声をかけていただき
また一つ心が落ち着きました。

香などをたかないので、父の部屋は花の香り!
今朝、ゆきの散歩でコーヒーを豆から焙煎しているお店へ
「香りが一番ある豆をひいてください」と買ってきました。
父の納められた棺の側に置きました。
暫くして部屋の戸を開けると良い香りがしました。
父は毎日、朝も昼も夜もコーヒーを入れて飲んでいました。
葬儀の日まで時間があるのでゆっくりとこの香りを楽しんでほしいなぁ〜。
(09-05-22・おおきせいこ)
seiko
投稿日時: 2009/5/24 23:09
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3601
家からの野辺送り!


写真は、ベトナムのハノイから南へ100キロ、静かな田舎町ニンビンです。
4月の末からベトナムを旅していた連れ合いは、予定より数日はやく帰国し
義父の葬儀に・・・・・。
連れ合いは義母のときのように家からの野辺送りを強く希望していました。
でも、私は二十年前の若さは無く無理の多いことが予想され、
強く反対しながら心の何処かで「ごめんなさい」と思う気持ちでした。
火葬場が珍しく友引が続くこともあり待つ時間が長くなりました。



家にゆっくりと安置された父の為に丁寧に遺影の写真の伸ばしができて、
最後のお別れのときに歌う讃美歌の用意も我が家で作ることが出来ました。
フランス中部、ロアール地方の世界遺産、 ブールジュ大聖堂 のステンドグラスを
入れて讃美歌312番を印刷しました。
義母が亡くなった後に連れ合いは義父を連れてヨーロッパ旅行をしました。
その時のことを思い出しながら作業をしていたのでしょうか。
「お父さんが長くいてくださったから家で野辺送りしたみたいな気持ちがする」
と私が言うと同じおもいになっているような穏やかな顔をしていました。
(09-05-24・おおきせいこ)
ゲスト
投稿日時: 2009/5/25 21:39
お悔やみ申し上げます
お父様のご冥福をお祈り申し上げますと共に、心よりお悔やみ申し上げます。
大木さんもどうぞご自愛ください・・・。

「喜八ログ」
http://kihachin.net/klog/
seiko
投稿日時: 2009/5/26 6:26
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3601
義母の願いと義父の願い!
kihachinさん
ありがとうございます。

優しい大らかな気持ちで野辺送りが出来ることを
心から感謝しています。
義母が亡くなる時に私に託したものはたくさんあります。
「晴子さんのお家のようにみんなで仲良くね」
この言葉を大切にしたいとおもいます。
何も言わなかった義父もきっと同じおもいでいたことでしょう。

棺のなかの父に、毎日・・・・
「安心してくださいね」と語りかけています。
(09-05-26・おおきせいこ)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

「明日も晴れ」記事検索

平和!グッズ販売



Site Design by West Wind,Theme from Ocean-Net