Seiko-Jiro.net

HOME   NEWS   FORUM   LINK   ACCOUNT   CONTACT US  

メインメニュー

ニュース・アーカイブ

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メイン
   つぶやき
     ★遂に名護市長選の熱き闘いが始まった。 ★名護市長選もあと1日を残すところとなりました。山本英夫(フォトグラファー)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
seiko
投稿日時: 2014/1/12 23:34
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3616
★遂に名護市長選の熱き闘いが始まった。 ★名護市長選もあと1日を残すところとなりました。山本英夫(フォトグラファー)

(写真は2010年の名護市長選です。撮影:西山正啓監督)

親愛なる皆様

2014年1月12日、名護市長選の火蓋が切って落とされました。
先ず、本日8時から城(ぐすく)十字路の末松陣営が出発式を行いました。約400名とも聞いていますが、取材した尾崎孝史君(カメラマン)によれば、熱気溢れる出発式だったそうです。自民党から浜口靖一自民党幹事長代理、島尻安伊子参院議員が出席したようです。また別の場所で、私は宜野湾市長の佐喜眞敦の演説を聞きました。
 かたや稲嶺進候補は、8時30分から北部病院隣にある選対本部前の空き地にて第一声をあげました。会場は溢れんばかりの人垣となり、700名を超える方々が参集されました。
 開会の冒頭は、比嘉祐一選対本部長(名護市議・議長)がうちなんちゅうのアイデンティティを示そうと力強く呼びかけました。次に関田東支部支部長が名護の民意を突きつけようと決意を表明しました。次は国会議員の照屋寛徳さん、赤嶺政賢さん、糸数慶子さん、玉城デニーさんが簡潔に何故この市長選が重大なのかを語り、支持を訴えかけました。そして登壇した候補者本人稲嶺進さんが語ります。
 稲嶺さんは、交付金を打ち切られても職員と共に打開してきたし、これまでの実績を踏まえ、これからも公約を守りますと自信に満ちた発言を重ねました。以下発言要旨

19日は、名護市、沖縄県の未来を決する闘いです。同時に日本の民主主義を問う一大決戦となります。4年前、多くの市民のご支持で、海にも陸にも基地を造らせないと市長になり、これがオール沖縄の心になりました。すべては子ども達のために、すべては名護市の未来のために、この2つに、くらし・産業振興も込められています。市民・県民の誇りを示す、ウチナーアイデンティティを日米政府に突きつけていく闘いです。この1週間で、負の遺産を残すのか、キッパリ(新基地)ノーを突きつけるかの闘いです。がんばりましょう。

 ここに稲嶺候補と稲嶺陣営の総意が込められています。何としても勝たなければ、名護の未来が失われる、沖縄の誇りが失墜するとの危機感に満ちたものであり、明確なメッセージだと思います。

 私は、この後辺野古テントに向かい、夕方までテントにて、多数の訪問者を迎えました。この選挙の助っ人でこられた方、知事の「承認」に憤り、現地に来られた県内の方など、ひっきりなしでした。私も基地建設の現況を語り、安倍政権の暴走を論じ、自治の考えに立てば、名護・沖縄と各地はもっと身近で、参照できるものであり、この市長選の意義は限りなく大きいなどと話しをさせていただきました。
 しかしこの朝、辺野古のフェンスに貼ってあった横断幕109枚が剥ぎ取られていました。所狭しと飾られた、各地から送られた創意工夫された横断幕、またテントで作成した横断幕のすべてがなくなっていたのです。どうも状況証拠からすると米兵の仕業のようです。
 これに対して、早速10時過ぎに辺野古テント村(私も手伝いながら)は、早速14枚を貼り出しました。この時も、金武、うるま市から来られたお二人とお話ししましたが、彼等は異句同音に知事の「承認」は許しがたいと怒っていらっしゃいました。

 さて市長選に話しを戻します。今回の勝敗がどうなるかは全く予断を許しません。先ず、まだまだ関心が薄いのが現状です。また長年の闘いの疲れもあります。そして何よりも相手陣営の利益誘導です。基地を造れば再編交付金が入るぞ、それで市民の負担を軽減するとの毒まんじゅうです。実は基地を造れば、軍事訓練が激化し(今でもキャンプショワブがあり、様々な訓練が行われていますが)、自然破壊はおろか、生活を直撃してきます。対中戦争の前進基地にすらなりかねない極めて危険な元凶を自ら招き入れることになります。また再編交付金で潤わなかったことは、名護市の稲嶺市長以前の市政の実態が如実に示してきたことです。以前の交付金で作られた国立名護工業高等専門学校が米軍のターゲットにされるような演習が行われていることを見ても、お金で基地を認めることの愚かしさが分かります。
 
 最後の最後まで気を抜くことなく必勝に向けてがんばる、これしかありません。自治の心を、命どぅ宝の心を抱き、過去から学び、先を見据えた選択をして、一人ひとりが当事者として歩みだす、これができれば、負けることはありません。
 皆様の関心とご声援を切にお願いいたします。また、皆様にとっても、自治の心と命どぅ宝の心は、等しく重要なはずです。共に歩まれることを願います。

 追記。今日もマスコミの方々が沢山訪れています。名護に辺野古に。彼らがどのような記事にされているか、是非関心をもって見つめてください。
山本英夫(フォトグラファー)


(辺野古のテントで座り込み。YさんやTさんと一緒の山本英夫さんです。2010年1月撮影:大木晴子)

14-01-13(おおき せいこ)
山本英夫さんからのメイルです。
転載の承諾を得て掲載させて頂きました。



皆様

名護市長選もあと1日を残すところとなりました。今日はめっきりスエマツ候補の表立った動きが減っているようです。街宣車等の音が余り聞こえてきません。一方で、企業周りや、戸別訪問をやって、一人ひとりを潰しているのだろう。彼らの選挙事務所のひとつは入り口にブルーシートを全面に張り、外から中が見えないようにしています。怪しいのです。他方、本日小渕優子衆議院議員が応援に入ったと報道されています。

私は原稿(既報)を書き上げた後、稲嶺ススムと共に歩む会の東江(あがりえ)交差点(サンエー前)での朝立ちから撮影に入りました(〜8時30分)。この通りからススム会の事務所に行く途中、スエマツ派の看板(「新リーダー誕生 あなたの一票で名護が動きだす」 昨日の記載は不正確でしたのでこのように訂正します)が稲嶺派の看板の上に完全に重なる形で被せた箇所を複数発見。撮影。明らかに選挙妨害です。看板の多さも尋常じゃない(赤旗紙によれば、宮里地区でも同様な箇所があった)。
その後、9時30分〜11時まで、いよいよ私も「ススム」カラーの上着を着て、3人で自転車隊を編成し、市街周辺を回りました。外に出ている人に挨拶をかけながら「ススム」を印象付けていきます。はっきりと手を振って呼応してくれる人、笑顔で応じてくれる人もいれば、社交辞令で返してくれる人など様々です。
 午後は辺野古テントでの座り込みに参加。天気がよくなり、ここぞとばかり辺野古の浜から観た辺野古の海を撮影しました。この海を観ていたら、ここを潰すなどありえないと思わないのが、不思議です。金に欲の皮が突っ張っている人間は、おぞましいものです。
16日の石破の「名護市振興基金 500億円」構想は、口からデマかせ程度のもののようで、予算の裏づけもないことも明らかになりました。明白な利益誘導であり、公職選挙法違反です。

夕方に名護市街地に戻りました。今日は17時に名護十字路で街頭演説会。ススム会は道じゅねー(練り歩き)をしながら、会場に向かいます。私は一足先に十字路へ。すると誰かが「島尻安伊子がいる」と教えてくれました。どれどれと自分が走る(車じゃありません)速度を落としながら良く観ると「自民党」と書いてある軽自動車の助手席に座っている。カメラを向けると笑顔に。さすがプロです。ただの移動のようです。どこに向かうのか?

稲嶺進候補は歩いて名護十字路に登場。ススムコールの中、進みます。歩きながら、笑顔で握手。大勢の人たちが続きます。名護十字路に戻り街頭演説会が始まります。比嘉祐一市議会議長がご挨拶の後、本人の演説が始まりました。実績を示しながら、名護をつくるのは名護市民ですと呼びかけます。基地問題にふれ、中央に屈することなく、名護の心を示しましょうと。その中でも沖縄戦にふれ、基地を造れば、戦争になりかねないとも強調されました。安倍政権を意識しているのです。名護市民ががんばろうと。拍手に包まれます。この場に集まったのは約450人でした。
この場にも山本太郎参議院議員は来ていました。18日までいるそうです。最後まで共にがんばってくれるようです。

最後にスエマツ文信候補のチラシを紹介します。「スエマツ文信で経済と雇用が拡大 私たち名護市民は、現実的な選択をしましょう!」とあります。彼等は再編交付金約261億円と石破基金500億で、つまり基地を造って住民サービスの使用料等を大幅に軽減すると言うのです。しかし彼等は不都合な真実に目を塞ぎます。基地・兵隊による事件・事故の増大、日常的に飛び交うオスプレイ、騒音、壊したら二度と取り戻せない生物達や海の環境。これが「現実的な選択」なのですか? 基地は人殺しの拠点です。演習もそのために行うのです。
彼等は都市型リゾートを造るといいますが、その上をもオスプレイやヘリ群が飛び交うだろうことを考えていません。市役所の市街地への移転で防災拠点をといいますが、どちらも標高はほぼ同じ。ただ大きな建物を立て儲けたいだけでしょう。彼は建築設計技師であり、建築業界に顔の効く人間です。こういう男が名護の長になれば、立派な建物は建つのかもしれませんが、廃墟になりかねないという恐ろしさをも予想しないわけにいきません。彼らの後ろ盾は安倍政権ですから。

今、地道でも市民が主体になる政治選択をしなければ、取り返しのつかないことになりかねないのです。金に私達の心と命を任せるわけにはいきません。未来の子どもたちのためにも。

これから選挙戦最終日です。

14-01-18(おおき せいこ)
山本英夫さんからのメイルです。
転載の承諾を得て掲載させて頂きました。
seiko
投稿日時: 2014/1/19 13:00
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3616
フォトグラファー・山本英夫さんの報告。

(2014・01・18 新宿西口反戦意思表示・雲さんのプラカード)

皆様

遂に名護市長選の選挙運動は終わりました。
私は昨日期日前投票に行ってきました。有権者46665人のうち、15835人が投票を済ませたようです。

最終日の名護市では大激戦が各所で展開されました。特にスエマツ陣営は自民党国会議員や山本一太沖縄・北方担当大臣も駆けつけて、激烈な演説を各所で行っていました。
私が最初に見かけたのは、城十字路(スエマツ陣営の選対本部前)で西銘恒三郎衆議院議員、佐喜眞敦宜野湾市長です。そこから2本先の大中(南)の交差点で10時30分前後に宮崎正久衆議院議員が佐喜眞市長とスポット演説を行っていました。

私は一旦、稲嶺ススムと共に歩む会の事務所で今日の予定を確認します。朝から2本の電話が入り、急遽取材にかけつけてきたお二人を案内することになりました。

さて今日こそスエマツ陣営の動きを押さえようと私達は辺野古に向かいました。ここでスエマツ文信候補がスポット演説をするらしいのです。12時30頃辺野古交番前(上部落)に着くと、地元の皆さん、マスコミがまちまかえています。12時50分頃、ご一行到着。SP10名も同行してきました。
先ず口火を切ったのが島尻安伊子参議院議員です。お次が山本一太担当相です。これまで何度も沖縄に通い、云々から始まり、名護市は国に従うのでなく、国と県のパイプを強めていただきたいと釈明。沖縄はアジアのフロントランナーを担える潜在的な力をもっているのだがら、(国と共に)北部振興を図っていけば、(メデタイよ)というのです。「あと1日で大逆転できる」とボルテージを最大に。絶叫調です。彼の発言は極めてご都合主義ですが、こうも言っていました。稲嶺候補(稲嶺市政)が唱える基地反対はイデオロギーだ、こんなイデオロギーを払拭して、経済振興だと。これこそトンデモナイ暴論であり、彼らの本音です。基地・安保はイデオロギーではなく現実なのです。住民の生活を直撃しています。これを無視して一切の政治はありえないのです。

スエマツ候補はほぼ北部振興に終始し、それが市民福祉のためになるの一点張りです。山本の絶叫には及びませんが、スエマツも必死の形相でした。ここに集まった聴衆は130名。辺野古や二見以北の10区からもきているそうです。呆れたのはspの動きです。スエマツ候補が握手に回ると、ぴったり寄り添い、取材のカメラを邪魔するのです。私のボリュームの倍もあるような大男に前に立ちはだかれては、撮影は厳しいのです。もっとも演説中は私が一番前に出ましたが。
最後は辺野古青年団の団長によるがんばろう三唱でした。彼は突然指名されたようです。

この後、辺野古のテントや浜にお二人を案内しました。テントでは来訪者に説明もしました。浜にはひっきりなしに見学にこられています。

夕方にはススム会に戻り、マルダイ前での稲嶺進候補のスポット演説を撮影。そこでススム会は知念良吉君のミニコンサートをやって、体と心を暖めて、青山前(国道58号の宮里にある)までの道じゅねーへ出発です。青山前の交差点には既に人が一杯。

17時頃から打ち上げ式が始まりました。発言は比嘉祐一選対本部長、玉城義和県議、岸本能子(たかこ)地域代表、神山正樹選対事務局長(市議)です。皆さん熱のこもった訴えでした。最後に発言した稲嶺進候補は、きっぱりと基地建設を許さない、日米政府と闘うと。無論彼の実績を繰り返し、市民目線、市民生活が第一、公平公正を訴えました。
私が特に印象に残ったところを記しておきます。「(前略)観光立県を自ら言った仲井眞弘多知事は、沖縄の自然を潰して軍事基地を造ろうとしている。言っていることとやっていることが真逆だ。私達は観光を守るためにも自然を守るためにも、未来の子ども達を守るためにも新しい基地は造らせない。それを決めるのは私達市民だ。みんなで『ノー』の答えを日米両政府につき返そう。」
大拍手大声援でした。聴衆は約900名。

対するスエマツ陣営は名護十字路で18時から打ち上げ式を行ったようです。途中渋滞してましたから、それなりの人だかりになったのでしょう。今朝の新聞報道によれば、応援弁士は島袋吉和選対本部長(前市長)、仲井眞県知事、照屋守之自民党県連幹事長、山本一太沖縄担当相です。
スエマツ候補は「対立にさよならして新しい名護市づくりに向かって進もう」と訴えたようですが、辺野古に、名護市東海岸に基地をおしつけてきたのは誰ですか? 日米政府であり、仲井眞県知事でしょう。
これを逆にして、経済振興で俺達は儲けたいとの本音を包み隠す手法を私達はやめさせなければなりません。だからこそ私達は、日米政府につきつけるしかないのです。こんな対立を誰が望むのか!!

巷にはお金がばらまかれています。戸別訪問で1万円(目撃証言有)。パチンコ屋で2000円。各業界ごとに接待して締め付けをはかる。謀略ビラ(「沖縄維新の会」名)をまき(実物を大量に回収)。こんなことをやめさせていくのも名護市民の民主主義の力にかかっています。

皆さんご注目ください。
既にヒガンサクラも咲いています。私は沖縄のサクラを撮りたいです。

山本英夫(フォトグラファー)
14-01-19(おおき せいこ)
★昨日18日に届いていた山本さんのメイルを更新させていただきました。
山本さんは、名護に生活の場を移されて沖縄の写真を腰を据えて撮られています。
新宿のスタンディングにも何度も来られて、
よく存じ上げている山本さんの報告を読み、
私は今度の選挙がとても身近に感じることができました。
感謝しています。
seiko
投稿日時: 2014/1/20 1:52
管理人
登録日: 2003/9/21
居住地:
投稿: 3616
フォトグラファー・山本英夫さんのご挨拶。

(2011年10月に地下広場に立たれた山本英夫さんです。プラカードは、読谷村の彫刻家・金城実さんに書いて頂いたものです。)

親愛なる皆様

名護市長選に関心をお寄せいただいた皆様に篤く感謝申し上げます。19日20時と同時に琉球朝日放送は「稲嶺当確」を報じました。その瞬間、私が居た稲嶺ススムと共に歩む会は、会場一杯に喜びが溢れかえりました。

最終の投票率は76,71%、稲嶺19839票、スエマツ15684票でした。堂々の当選です。
まだ私自身この勝利の実感が湧きません。いずれにしても名護市民はあの国を挙げた攻勢、金まみれの政治、様々な締め付け、謀略ビラ等を跳ね返したのです。稲嶺進さんは「私は名護市民を信じていました」と記者会見で語りました。その確信は終始乱れなかったのだと思います。
名護市民は基地がくればどうなるのかを考え、今だけの繁栄に騙されず、末永く平和で心豊かな暮らしを選択したのです。地道に住民自治の力によって生きていくぞという選択をしたのです。

併せて、仲井眞県知事の埋立「承認」が余りにも道理をわきまえない決断であり、沖縄県民への裏切りであり、断じて許さんぞの思いを固めたのだと思います。

そして皆様が予想以上に関心をお寄せ戴きました。まだまだ「日本人」(やまとんちゅう)全体から見れば、少数の方々の関心であれ、名護市民は沖縄県民は孤立していないと感じたのかもしれません。改めて感謝申し上げます。

安倍政権はますます辺野古への基地建設にしゃかりきになってくるでしょう。これからが闘いの本番です。基地を許さない闘い、戦争への道を許さない闘いは、市民・住民の命を守る闘いであり、生き続けていくための闘いです。

総括的な問題提起は改めて差し上げますが、これからもどうか関心をお寄せください。皆様が住民自治の主体として、私たちとも連携を取り合いながら生きていければ、幸です。
人と人が繋がって、人が自然と繋がって生きていければ、世直しはできます。
共にがんばりましょう。(2014年1月20日)
14-01-20(おおき せいこ)
★大差をつけて稲嶺進さんの勝利でした。
個の想いが繋がり大きな力となって沖縄の心意気を見せて頂きました。
東京も元気を頂きました。
気持ちを繋いで平和を育む闘いがしたいです。
山本英夫さん!メッセージをありがとうございました。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

「明日も晴れ」記事検索

平和!グッズ販売



Site Design by West Wind,Theme from Ocean-Net