Seiko-Jiro.net

HOME   NEWS   FORUM   LINK   ACCOUNT   CONTACT US  

メインメニュー

ニュース・アーカイブ

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

反戦・平和
反戦・平和 : 写真集「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶 1963-72」を持って。
投稿者 : seiko 投稿日時: 2011-03-09 23:01:25 (1076 ヒット)


写真集「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶 1963-72」を持って。 大木晴子










3月3日に連れ合いの写真集 「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶 1963-72」
出版になり、西口の皆さんにたくさん購入して頂きました。
一冊の重さが一キロもあるので、連れ合いが運んで来てくれました。
ムキンポさん は、連れ合いが書いたサインの言葉が気に入ったようでした。

Kさんから感想が・・・・
40年前にタイムトラベルしています。
忘れていた懐かしいシーンが沢山蘇ってきました。
機罐車ばかりでなく沢山の大切なものを失ってきているなあ、
大木茂さんはそれを伝えたかったのかなと思いました。
これからいつも手元に置いて写真を見て勇気をもらいます。

kiss-me さんから頂いたメッセージ。
昨日、西口に立った私のところへ、写真集を抱えて歩いてきたときの
大木さんの笑顔が、私にとっては、この本の扉です。
うろ覚えの格言に「ユダヤの本は2ページ目から始まる。
1ページ目は読む人の心の中に書いてあるから」というのがあります。
今、その1ページ目を読んでいるところ。カバーを見るだけで、
帯に書かれた地名を読むだけで、心が満たされてくるから。
忘れていた人たちの、なぜだか一番良い顔を思い出すから。
私の祖父は戦前の国鉄に勤めていた人ですが、家父長主義の塊のような人で、
孫にとって愛情の対象とはいえない人でした。
でも、なぜだか優しいおじいちゃんの顔しか思い出せない...
開いて写真を見るのが楽しみだけど、ゆっくり一枚づつ見ていきたいです。
11-03-09(おおき せいこ)

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド

「明日も晴れ」記事検索

平和!グッズ販売



Site Design by West Wind,Theme from Ocean-Net